東京ゲートブリッジ-ライトアップに映える恐竜橋-

 東京ゲートブリッジは、東京港第三航路を跨ぎ、中央防波堤外側埋立地と江東区若洲を結ぶ橋梁。2013年2月12日に開通し、湾岸の重要な国道して供用されている。従来のトラス橋とは一線を画す、特徴的な形状から“恐竜橋”とも呼ばれ、東京スカイツリーとともに東京を代表する新名所になっている。
 全長2,168mの東京ゲートブリッジは、主橋梁部はトラス・ボックス複合橋、アプローチ部は鋼床版箱桁として構成され、我が国最大級の先端的な橋梁建設プロジェクトでした。

一般社団法人 江東区観光協会「江東おでかけ情報局」
https://koto-kanko.jp/theme/detail_spot.php?id=S00176

☆撮影のポイント:
 上空に伸びる航空機の航跡をご覧ください。冬季の羽田空港は北風運用となり、C滑走路から離陸した航空機は、北に向かい離陸してすぐに旋回し、ゲートブリッジ上空を通過します。今回の写真は、20秒ほどの長時間露光で航跡を捉えたものです。
【撮影:林直樹氏】

投稿日時 2016-04-17 14:48:40

投稿:吉川弘道

関連情報