登録有形文化財 坂戸橋-天竜川(長野県)に架橋されたRCアーチ橋-

1933年,長野県中川村の天竜川に架橋。
鉄筋コンクリートアーチ橋で支間70.0mは戦前のものでは現存最大。
設計は1931年,長野県内務部土木課棚谷与一による。
3本リブ(肋)は放物線アーチ、外側柱の外側面は曲面をなし、上に行くほど細くなり、スラブ下にはブラケット装飾などの特徴を有する。
2010年に登録有形文化財となる。

投稿日時 2019-01-21 14:00:39

投稿:山浦直人