別府明礬橋
(1989年の竣工当時は、日本最長のコンクリートアーチ橋だった)

 大分県別府市 別府明礬橋(べっぷみょうばんきょう):
 別府市郊外のV字谷に架かる大分自動車道の橋梁です。明礬温泉が近いため、周辺環境との調和、工事による温泉脈への影響などを考慮し、上路式鉄筋コンクリート固定アーチ橋が選択されました。

・形式:上路式鉄筋コンクリート固定アーチ橋
・橋長:411.0m
・アーチ支間:235.0m
・竣工:1989年
・平成元年(1989年)土木学会田中賞受賞


1枚目は対面から星空と田んぼ入れて撮影しています
2枚目は国道500号線の歩道から見上げて撮影しています。

投稿日時 2014-11-18 13:06:00

投稿:依田正広