岡谷ジャンクションと岡谷高架橋 (長野県岡谷市)

1986年に完成した岡谷ジャンクション(Okaya Junction)は、中央自動車道と長野自動車道の分岐点であり、その主要部は岡谷高架橋(Okaya Viaduct)が位置する。2つの自動車を結ぶ4つのランプ橋が、建設地点の岡谷市街、JR中央本線、天竜川を、巧みな曲線によって、渡り歩いているようにも見える。

橋梁工学的には上下部工一体5径間連続PCラーメン箱桁橋であり、当時としては画期的な長支間高橋脚構造でもある。地上60mに鎮座する優美な曲線高架橋は、岡谷市街/市内の多くの地点から仰ぎ見ることができ、当地の原風景ともなっている(1986年度(昭和61年度)土木学会田中賞 受賞)。

投稿日時 2014-07-21 12:18:06

投稿:吉川 弘道