光の「知恵の輪」首都圏中央連絡自動車道 高尾山IC

[読売新聞2014年6月24日掲載記事を抄録]
 高尾山(東京都八王子市)の東約1.8Kmの谷あいにある首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の高尾山インターチェンジ(IC)を日没後、上空から見てみると「知恵の輪」のような複雑な曲線を描きながら、オレンジと青の街路灯に浮かび上がっていた。
 管理する中日本高速道路東京支社は「谷あいの狭い場所にインターチェンジを設置したため、ユニークな形状になった」と説明する。
 圏央道は6/28に同IC-相模原愛川IC(神奈川県厚木市)間の14.8kmが開通。東名高速と中央道、関越道が圏央道を介してつながり、都心を経由せず行き来できるようになる。

【画像提供:読売新聞社】

【参考HP: 国土交通省 関東地方整備局ホームページ】
http://www.ktr.mlit.go.jp/sobu/sobu00193.html

投稿日時 2016-10-01 17:37:30

投稿:東京都市大学 吉川研究室

関連情報