色・形・固さの再現にこだわった”頑固”なお菓子 コンクリートラスク

 函館の歴史や市民の暮らしに密接な関係を持つ「コンクリート」。「函館湾岸価値創造 プロジェクト」と函館にあるカフェ(Cafe&Deli MARUSEN)(カフェで販売)との共同開発によって生まれたコンクリートラスクを紹介いたします。土木・建築系の方への函館のお土産に、話のタネにいかがでしょうか。

■パッケージ:セメント袋をイメージ
■見た目:コンクリートに見えるように工夫
■原料
[粗骨材として]もち米、大麦、黒米、そば、とうもろこし、はと麦、小豆、黒豆
[細骨材として]白ごま、黒ごま、発芽玄米、もちあわ、もちきび、アマランサス
[セメントとして]ホワイトソルガム
■圧縮強度:0.74N/mm2(専門家が圧縮試験によって算出)
■注意:歯が欠けないようにご注意ください。
■味:おいしい(実際に食べた感想)。
■おまけ:函館のコンクリートカード、説明書が同封
■価格:540円

【引用・参考資料】
・コンクリートラスク同封の説明書
・函館湾岸価値創造 プロジェクト(GRHABIP)のホームページ(http://grhabip.jp/

投稿日時 2022-11-24 10:18:00

投稿:齊藤準平(日本大学理工学部交通システム工学科)