北十間川 -江戸時代初期に運河として開削された幅10間の川-

☆北十間川
隅田川から旧中川まで、ほぼ東から西へ横断している全長3.24kmの河川です。
江戸時代初期に運河として開削され、川幅が10間(約18.18m)で本所(墨田区南部の商工業地区)の北を流れることから北十間川と呼ばれています。

出典:東京都建設局 北十間川(きたじゅっけんがわ)
https://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/jigyo/river/suishin/ikimono2/river_kitajikkengawa.html

写真は2010年1月10日の撮影で、東京スカイツリーは264mまで建設中です。
近くを東武鉄道が走っています。

投稿日時 2022-11-15 09:31:09

投稿:Tomohisa Hasumi