イルカ像がお出迎え:ノシャップ岬/恵山泊漁港公園(北海道稚内市)‐夕日の景勝地で利尻富士も楽しめる‐

☆イルカ像がお出迎え:ノシャップ岬/恵山泊漁港公園(北海道稚内市)
 ‐夕日の景勝地で利尻富士も楽しめる‐

 ノシャップとは、「岬のそば」や「岬がアゴのように突き出たところ」というアイヌ語、「ノッ・シャム」が語源となっています。
 眼前には秀峰「利尻山」と花の浮島「礼文島」、サハリンの島影をも一望することができ、夕暮れ時には地平線に沈む夕日が感動的な情景をつくりだしています。
 また、7~8月頃の早朝、周辺の海岸では夏の風物詩である、利尻昆布の昆布採りの風景を見ることができます。

【稚内市役所HP 建設産業部観光交流課】より引用
https://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/midokoro/spot/noshappumisaki.html


ノシャップ岬は稚内の最西端、宗谷海峡に突き出す岬で、利尻山と礼文の島影を望めます。「ノシャップ」とはアイヌ語で「岬が顎のように突き出たところ」「波の砕ける場所」の二つの意味があると伝えられています。夕日の美しい景勝地としても知られ、海全体がオレンジ色に染まり利尻山のシルエットが浮かび上がる様子はまさに絶景。周辺には稚内市立ノシャップ寒流水族館、青少年科学館、土産店などがあり、見どころいっぱいです。

【北海道公式観光サイト 公益社団法人北海道観光振興機構】
https://www.visit-hokkaido.jp/spot/detail_10277.html

#オブジェ #パブリックアート
【画像出典:PIXTA】

投稿日時 2022-07-06 09:49:55

投稿:藤原京子

関連情報