はじめて来たのに懐かしい 岩手県盛岡市の「開運橋」-二度泣き橋と呼ばれるワケ-

☆はじめて来たのに懐かしい 岩手県盛岡市の「開運橋」
盛岡の玄関口とも言われる「開運橋」。県内外の人々に愛されている古い橋です。初代は1890年(明治23年)に架けられ、現在の橋は3代目です。2022年6月5日の世界環境デーにあわせて、1日限りのグリーンライトアップされました。


・竣工:1953年(昭和28年) 3代目開運橋
・橋長:82.25m
・型式:下路式ランガートラス橋+コンクリート橋
・撮影:2022年6月

☆詳しくは以下のサイトの探訪記事をご覧ください。
----------------
盛岡の「開運橋」 二度泣き橋と呼ばれるワケ
https://soloppo.com/220609-kaiun/
#土木萌えフォトライター 

投稿日時 2022-06-24 23:36:18

投稿:牧村あきこ