不動大橋 -世界初の「鋼・コンクリート複合トラス・エクストラドーズド橋」-

不動大橋(湖面2号橋)は、八ッ場ダム建設事業の一環として整備された付替道路の橋梁(橋長590m)で、「PC複合トラス」と「エクストラドーズド橋」の技術を融合した、世界初の「鋼・コンクリート複合トラス・エクストラドーズド橋」です。工期は平成16(2004)年3月~平成22(2010)年10月、供用開始は平成23(2011)年4月。不動滝の傍らにあることから名付けられました。
【道の駅 八ッ場ふるさと館ホームページから引用】

2014年4月撮影。 撮影した場所は、今は八ッ場ダムの湖底になっています。
広角レンズで橋脚が斜めに写ったのを補正しています。

投稿日時 2022-05-28 23:24:30

投稿:Tomohisa Hasumi