-- 津波への備え -- ☆第9回土木工事写真コンテスト最優秀賞☆ 

-- 津波への備え -- 
☆第9回土木工事写真コンテスト最優秀賞☆ 


【入賞者の方のコメント】
南海トラフ巨大地震の津波が川を遡り、兵庫県西宮市の市街地が浸水する被害を食い止めるため建設中の「新川水門」。 ゲートが設置される前の水門は、巨大なツインタワーのように、今津灯台沖の埋立地にそびえたっていました。 今津灯台は日本最古の現役灯台で、水門設置により航路標識としての機能を失うため、水門の海側に移設の予定です。 木造灯台の緑の灯火が静まり返った夜の工事現場にマッチし、埋立地の灯りは夕暮れのように背後を照らしていました。
投稿者: / 笠井 忠 様


[選評]
 水門と灯台(常夜灯)、同じ港湾構造物ですが約160年に渡る時とカタチと質感のコントラストを一画面にバランス良く収めた秀作です。水門が施工中ということ、夕方ということで撮影のタイミングも絶妙。あえて完璧なシンメトリーにしなかった?のも高評価です。


【出典:土木工事写真コンテスト】
https://www.ejcm.or.jp/photo/
【(一社)全国土木施工管理技士会連合会HP】
https://www.ejcm.or.jp/

#土木施工管理技士 #土木施工管理技士会 #全国土木施工管理技士会連合会

投稿日時 2022-05-09 13:56:21

投稿:(一社)全国土木施工管理技士会連合会