田園風景の中で異彩を放つ大正時代の膳棚水路橋(栃木県那須町)

☆田園風景の中で異彩を放つ大正時代の膳棚水路橋

栃木県の那須町に、連続して並ぶ三本足の橋脚が美しい水路橋があります。地元住民の生活道路と田畑をまたぐように架かるこの橋の名前は、膳棚水路橋といいます。

1921年(大正10年)に完成した膳棚水路橋は、里山の風景になじみつつも、その計算された幾何学的造形美が見るものを強くひきつけます。

☆詳しくは以下のサイトの探訪記事をご覧ください。
----------------
大正期RCラーメン構造 造形美が際立つ膳棚水路橋
https://soloppo.com/220101-zendana/
#土木萌えフォトライター

投稿日時 2022-02-08 09:34:47

投稿:牧村あきこ