秩父鉄道 荒川橋梁 (埼玉県)

長さ167m、高さ 20m、上長瀞 - 親鼻間

長瀞町と皆野町の間で荒川に架かる、レンガ積みの鉄道橋「荒川橋梁」。
1914年完成の秩父鉄道で一番長い橋で、荒川本流の最も上流に架かる鉄道橋でもある。
SLや列車の撮影スポットとして人気があるが、橋梁を渡る列車の車窓から風光明媚な長瀞渓谷を見下ろしたり、
長瀞ラインくだりに乗って橋梁を真下から覗いたりと、さまざまな角度から楽しめる場所だ!

秩父鉄道発行 情報誌PALETTE(パレット) 2022年1月号 から引用

投稿日時 2022-01-07 14:45:13

投稿:Tomohisa Hasumi