近江鉄道~アヒル顔の締結装置~(滋賀県)

近江鉄道~アヒル顔の締結装置~(滋賀県)

近江鉄道で使われている変わったレール締結装置。
 1.くるっとアヒルの横顔のように湾曲し、レールをマクラギに締着する部材
 2.レールからの横圧を受けとめる部材
 3.1をマクラギの埋込栓に打ち込んだ際に打ち込みすぎを防ぎ、2の横圧を受け止め、1と共にマクラギに固定すると思しき部材
 4.埋込栓(2ブロックPCマクラギ)
等から構成される、線バネ系の締結装置です。
見えない部分がどういう構造なのか、どうやって締結するのかとても気になるところですが、詳細は不明です。

狭い日本ですが、まだまだ面白い発見が待ち構えていそうです。

#BridgeTrek

投稿日時 2021-08-18 12:07:53

投稿:伊藤 純

関連情報