東京港を空から俯瞰するNo.2:東京港中央防波堤

☆東京港を空から俯瞰するno.2:東京港中央防波堤(1-6a)
【画像提供】日本港湾コンサルタントhttps://www.jportc.co.jp/

**中央防波堤埋立処分場の埋立推移
昭和の初め、1927年(昭和2年)に8号地で廃棄物が埋め立てられました。その後、14号地、15号地、羽田沖で埋め立てられ、中央防波堤内側埋立地での埋立ては、1973年(昭和48年)に開始しました。
当時、都内ではごみ問題が深刻化し「ごみ戦争」といわれるまで事態は緊迫していました。東京都には「東京都ごみ戦争対策本部」という部署までありました。
中央防波堤内側埋立地での廃棄物の埋立ては、1986年(昭和61年)に終了しました。1977年(昭和52年)からは中央防波堤外側処分場(その2)で、1998年(平成10年)からは新海面処分場で廃棄物の埋立てが始まり、現在も両処分場で埋立てを行っています。
【東京都環境局HPより引用】
https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/resource/landfill/photo/chubou_air.html

投稿日時 2021-05-24 23:17:06

投稿:吉川弘道

関連情報