東武伊勢崎線 隅田川橋梁は、田中豊博士が設計した優れた鉄道橋である。

 隅田川橋梁(すみだがわきょうりょう)は、隅田川に架かる鉄道橋で、東武鉄道伊勢崎線(東武スカイツリーライン)を通している。
 この橋は、東武が浅草駅まで延長するために、隅田川に架けた。隅田川河畔の景観に配慮するためと車窓からの隅田川の眺めを考慮して、高いトラス橋にせず、架線柱に曲線のデザインが取り入れられた。
 デザイン性の高さを物語る逸話として、太平洋戦争後間もなく、進駐軍が東京大学を見学した際、設計者である田中が見せた本橋梁の設計図を見て感心し、図面を持っていったという話がある。
 浅草と東京スカイツリータウン間の回遊ルート整備の一環として、隅田川橋梁南側に歩道橋「すみだリバーウォーク」が架設され、東京スカイツリータウンに徒歩で行くことができる(通行は無料で、午前7時から午後10時まで開放)。
〇橋の概要
・構造形式 複線中路カンチレバーワーレントラス(3径間)
・橋長 166m
・着工 昭和2年、竣工 昭和6年5月25日
・施工主体 東武鉄道
・橋梁設計 田中豊
・橋桁製作 横河橋梁製作所
【写真】令和3年1月(投稿者が撮影)
#ぶらりインフラ探訪記

【出典等】
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%85%E7%94%B0%E5%B7%9D%E6%A9%8B%E6%A2%81_(%E6%9D%B1%E6%AD%A6%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E5%B4%8E%E7%B7%9A)
隅田川橋梁 (東武伊勢崎線)
(2021年1月2日19:15(日本時間)現在での最新版取得)

投稿日時 2021-01-06 21:16:06

投稿:佐藤祐明