五能線の近代土木遺産 第二小入川橋梁

☆JR五能線 第二小入川橋梁

JR五能線の岩舘駅とあきた白神駅の間に流れる小入川。第二小入川橋梁はその小入川に架かる鉄橋です。鉄橋の
直下には民家があり、およそ25mの高さの鉄橋を間近に見ることができます。
8本ある橋脚はコンクリート芯に割り石を練積みした円錐形石積み橋脚で、歴史と風格を感じさせます。

・竣工:1926年(大正15年)
・橋長:174m
・所在:秋田県山本郡八森町
・撮影:2020年9月

☆詳しくは以下のサイトの探訪記事をご覧ください。
----------------
五能線のビュースポット 円錐形石積み橋脚が映える第二小入川橋梁
https://soloppo.com/201025koirikawa/

#土木萌えフォトライター 

投稿日時 2020-12-07 09:57:12

投稿:牧村あきこ