東京湾アクアトンネルに3本目が存在する!?

★東京湾アクアライン裏側探検記録Vol.2

アクアラインのトンネル部は川崎方面への上りが1本、木更津方面の下りが1本の計2本。だが、実は3本目のトンネルを掘り進めることが可能な構造になっているという。
もちろん、換気塔の「風の塔」も3本目のトンネルが通ることになれば接続可能だそうだ。(橋梁部との接続についても、外側に車線を増やすことに耐えられる設計)

海ほたるPAにその入り口が確かに存在していた。普段は立ち入り禁止区域。今回の裏側探検のスタート位置でもある。
繁忙期にはトンネル手前は臨時の駐車場として稼働。ここに駐車したことがある人もまさかこの先の暗闇が3本目のトンネルになるかもしれない入り口だとは想像できないだろう。

★アクアライン小史:
1997年の開通時には約1万5000台だった交通量は、現在平日平均で4万台、休日には,6,7万台で渋滞も起こるというが橋梁部を1km建設するのに200億円、トンネル部に至っては1km/500億円にもなるらしい。
3本目トンネル建設が現実味を帯びる日がくるのかどうかは極めて不透明であるが、1961年に始まった東京湾横断道路の構想が設計の段階で拡張を想定していたというのが非常に興味深かった。

・写真上:海ほたるPAトンネル入り口
・写真下:3本目トンネル予定地内部。既に300m程掘り進められている。

【海ほたる 探検概要】
・コース名:「海底トンネルに潜入!東京湾アクアライン裏側探検」
・参加日時:2019年06月11日 午後
https://www.umihotaru.com/ait_tanken/about_tours.html

★謝辞:最後に貴重なインフラ設備の見学会を通年実施されているNEXCO東日本関東支社様および東京湾横断道路株式会社様に厚く御礼申し上げます。

投稿日時 2019-07-02 15:23:43

投稿:藤原京子