巨大虫の翅:飯田橋駅 換気塔(大江戸線飯田橋駅C3出口)

都営地下鉄大江戸線 飯田橋駅(2000年開業)は、駅構内の階段やエスカレータの天井を這う緑色の骨組(ウェブフレーム)がひと際目を引く。建築家渡辺誠氏による異彩を放つ内装デザインが特徴で、日本建築学会賞(作品)を受賞している。

そして、地上に出ると、今度は出口に待ち構えるの換気塔が、襲いかかってくる。地下に這うウェブフレームを根に見立て、地上の換気塔部分は芽を出している植物をイメージしていると聞く。ただ、誰に聞いても「飯田橋の虫の翅」という答えしか、返ってこない。

投稿日時 2019-02-07 16:40:42

投稿:中西 健也