都市の地震防災#1: 3枚のプレート上に位置する首都東京(概念図)

☆3枚のプレート上に位置する首都東京(概念図):
 多くの学者が指摘しているように、日本列島は環太平洋地震帯に属し、4枚のプレート(厚い岩盤層)上に位置している。さらに、首都圏の直下にはこのうち3枚のプレートが存在し、これを図のように模式的に描画した。
 巨大都市東京を載せた北米プレートにフィリピン海プレートが潜り、さらにその下を太平洋プレートが沈み込んでいる。このため、中央防災会議では、18タイプの首都直下地震の震度分布を設定し、首都の被害想定を実施・公表している。
【首都直下地震の被害想定 対策のポイント -内閣府防災会議】  
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&ved=2ahUKEwip9Jny3LjgAhXHy7wKHQINAM0QFjAAegQICRAC&url=http%3A%2F%2Fwww.bousai.go.jp%2Fjishin%2Fsyuto%2Ftaisaku_wg%2F1%2Fpdf%2F1.pdf&usg=AOvVaw2EI0AxDg1ST-8jgIVbFEv-

 **この図は、あくまでも上記の地震学者の指摘を基に模式図として描画したことを追記します。
【出典:地震・耐震・津波・減災を学ぶ 都市の地震防災 FORUM8 PUBLISHING】

投稿日時 2019-02-10 22:06:32

投稿:吉川弘道(東京都市大学)