盛夏の観光放流(平成29年):宮ヶ瀬ダム(神奈川県愛川町)

2017-08-01

  • ダム・堰堤・河川構造物

☆話題の宮ヶ瀬ダム観光放流を体験:
2017年7月30日(日)午後2時。合図のサイレントの後程なくして本体中央にある2つの水門(高位常用洪水吐)から、水煙とともに2筋の放流が始まった。訪問客は一斉にカメラ/スマフォを向け、目の当たりにする人工滝を画像に収めた。 

☆宮ヶ瀬ダム観光放流:
宮ヶ瀬ダムでは、平成14年度より地元地域振興を目的に観光放流を実施し、今年度で16年目となる。昨年度は過去最高の年間75,276人の見学者数を記録し、大盛況となった。6分間の観光放流は、毎秒30立方メートルの水を放流するもので、高低差70mの人工の滝が出現し、水が織り成す壮大なショーを楽しむことができる。
・実施日:4月~11月 毎週水曜 毎月第2日曜日、第2、第4金曜日
・実施時間:11:00~11:06(6分間)、14:00~14:06(6分間)

☆問合せ先:
【宮ヶ瀬ダム周辺振興財団】https://www.miyagase.or.jp/spot/midokoro/dam.html
【国土交通省 相模川水系広域ダム管理事務所】http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/sagami_00000040.html

(撮影:2017年7月30日)

吉川弘道

写真投稿

写真投稿は、こちらから受付けています。